スイーツデコロボ

スイーツデコ製作に欠かせないのが粘土です。
一口に粘土といっても多種多様なものがあります。こちらのページでは実際に使用する粘土を
粘土の種類に分けて説明します。

 軽量樹脂粘土について    
   
ハーティ粘土

ハーティクレイ

しなやかな感じを出すことができ、伸びも良く初心者の方でも扱いやすい粘土です。
アイスやマカロン・シュークリームなどの質感を出したい時などに使用します。

ハーティーカラー粘土

ハーティカラー

ハーティクレイに色がついた粘土です。そのまま単体で使用したり、ハーティクレイホワイトに混ぜてマーブル色を出す時にも使用します。
質感はハーティクレイと同じです

ハーティソフト粘土

ハーティソフト

上記のハーティクレイよりも「しなやかさ」や「きめ細かさ」がアップした粘土です。
ハーティよりも少し重く感じますが、乾燥後の収縮や繊維のケバ立ちが少ないのが特徴です。

ハーティソフトカラー粘土

ハーティソフトカラー

ハーティソフトのカラーバリエーション。
色は赤と黒の2色のみですが、手に付きにくく扱いやすい粘土です。
乾燥してからも弾力があります。

樹脂粘土について    
   
モデナ粘土

モデナ

透明感のある樹脂粘土です。乾燥すると耐水性が良くなり、薄く延ばすと光を通すのでランプシェード等のミニチュア作品を作るのに最適な粘土です。
油絵の具やアクリル絵の具で色付けできます。

モデナソフト粘土

モデナソフト

モデナソフトと比べると半分くらいの重さで、色味も白が強く白磁のような感じです。
軽さと強度を両方出したいときによく使用します。
乾いてからも若干弾力があります。

グレイス粘土

グレイス

乾くと透明感が出ます。乾燥してからも弾力性に優れしなやかさがある表現が出来ます。
カットフルーツの表現に適しており、べたつきにくい性質の粘土です

コスモス粘土

コスモス

グレイスと比べると透明感はあまり無いですが、べたつきにくいので扱いやすいです。
乾くとかなり硬くなるので、チョコレートなど硬い質感のものを製作するのに適しています。

木質粘土について    
   
ウッドフォルモ粘土

ウッドフォルモ

木を粗引きにして作った粘土です。樹脂粘土との相性は悪いので混ぜないようにしてください。
乾くとけっこう収縮するので、作りたいサイズより若干大きめに作ると良いです。

 石塑粘土について    
   
ラドール粘土

ラドール

石粉で出来ており、乾燥後は強打があるとてもきめ細かい粘土です。
主にフィギュアや篆刻、彫塑等で使用します。
樹脂粘土とは相性が悪いので不可です。

ラドール・プルミエ粘土

ラドール・プルミエ

ラドールよりも白くさらに軽量化された粘土です。
きめの細かさや乾燥後の強度は最高クラスです。乾燥後の着色はもちろん、練りこむときに絵の具を混ぜて使うこともできます。

  スイーツデコ道具について



粘土の種類

粘土について

スイーツデコに使用する代表的な粘土です。
軽量タイプや樹脂粘土など色々な種類があり、それぞれの特徴を活かして、作るパーツにあわせて使い分けましょう。

シリコンホイップ

シリコンホイップについて

ホイップクリームを表現するのに使います。
空気に触れると固まり始め、乾くと弾力のある仕上がりになります。
また、使用中は換気をよくしましょう。

グルー"

グルー(スティック樹脂)について

とろ〜り溶けたチョコを表現するのに使います。
スティック状の樹脂を溶かして接着します。約30秒程でかたまり始めます。ガンの先端は非常に高温になるので取扱に注意しましょう。

レジン

レジンについて

ゼリーやジュースなど、透明感が欲しいものを作るときに最適です。
2液を混ぜることで硬化し、型に流して使用します。型は必ずシリコン素材のものを使用しましょう。

成形道具

成形道具について

フェイクスイーツデコをきれいに成形するのに最適な道具です。
軽量スプーンや抜き型、歯ブラシなどホームセンターなどで簡単に入手できます。

その他道具

その他道具について

着色したり形を整えたり、仕上がりのツヤ感を出すのに必要な道具です。
最近ではネットなどでスイーツデコ専用の物も市販されています。